注目キーワード
  1. 仕事
  2. 暮らしにいいもの
  3. 美容

飼い始めて分かった!人気の猫種『ラグドール』の特徴をご紹介!

  • 2020-07-04
  • 2020-07-05
  • 254回
  • 0件

こんにちは。たんたんまるです。

猫2匹と夫と4人暮らしをしています。

3ヶ月前まではマンチカンのまんちゃんと夫の3人暮らしでしたが、ラグドールのしらすを家族にお迎えし4人家族となりました。

しらすは2019年9月生まれでまだ生後10ヶ月。見た目は大きいですが、中身はまだまだ無邪気な子猫。しらすが来てから家の中がとっても賑やかになりました〜。

猫好きな方ならご存知の方も多いと思いますが、ラグドールといえば人気の猫種です。私はしらすを買うまで、ラグドールは抱っこが大好きな大人しい子が多い猫種という印象を抱いていました。

が、うちのしらす、その点全くラグドールっぽくない。

その子によって性格は全然違うとはいえども、性格が全然ラグドールっぽくない。

別に悪い意味じゃありません。私が以前抱いていたラグドールの性格とは違うな、というだけでしらすはとっても可愛くて愛嬌のある子です。毎日とっても癒されています。

先住猫のまんちゃんとも仲良くしてくれていますしね。

猫を飼うと決めている方、見た目の好みも大事かもしれませんが、一緒に住む上で性格も大事ですよね。(ま、家族になればどんな子でもうちの子が一番可愛いものです。)

ラグドールを新しい家族に考えていらっしゃる方、また猫ちゃんを新しい家族に迎え入れたいけどどんな猫ちゃんがいいのか分からない方。

人気の猫種のラグドールが実際どんな猫ちゃんなのか知りたくはないですか?

今回はラグドールの特徴をご紹介したいと思います♪

ラグドールの特徴

ラグドールはアメリカで誕生した猫種です。猫種の中でも比較的新しいほうに分類されれます。

英語で書くと『Ragdoll』

名前を見てなんとなくピンと来た方もいるかもしれませんが、ラグドールとは「ぬいぐるみ」を意味する言葉です。

その名の通り、大人しく抱っこされるのが大好きな性格の子が多いとされています。

大人しい性格とぬいぐるみのようなふわふわの毛並みのためか、キャットフードなど猫製品のモデルになっているのもよく見ます。

ラグドールがどんな猫かわからないという方、猫製品のパッケージの表紙で、白いふわふわの毛でグレーのハチワレの青い目の猫を見たことはありませんか?

なんとなくイメージできますか?それがラグドールです!

ラグドールといえば、白をベースとした長毛で顔や耳、足先などの体の先っぽが黒というようなイメージを持っている方も多いのではないでしょうか?

実はラグドールは濃い色の出方によって見た目が全然違います。まずは見た目の違いをご紹介したいと思います。

見た目は大きく分けて3種類

ラグドールといえばなんといっても青い目が魅力的ですよね〜。

猫ちゃんはみんな子猫時はキトンブルーと呼ばれる青っぽい目の色をしています。それが成猫になるにつれ変化していきます。

ラグドールは生まれてから成猫になっても綺麗な青い目をしている珍しい種類の猫ちゃんです。その目はとっても綺麗な青で思わず吸い込まれそうです。

またペットショップやブリーダーで紹介されているラグドールにはその子の毛の模様が書かれています。でも生まれたばかりのラグドールの子猫は全身ほぼ真っ白です。
聞いたないようなカタカナの言葉で書かれていても、詳しくない人はパッと見ただけでその子がこの先どんな毛色でどんな模様に変化していくのか想像ができません。

猫ちゃんの毛色は細かく分かれているので正確に説明するとややこしくなってしまう気がするので、私的に違う印象を持つ3種類の模様を紹介したいと思います!

・ポイント

顔の中心部や手足、しっぽが濃い色となる種類。
「ブルーポイント」や「シールポイント」がよく聞かれます。

※ブルーやシールは毛の色のことです。
 ブルー:ブルーっぽいグレーのこと
 シール:濃い茶色のこと

・ミテッド

顔の中心部や手足、しっぽに加えて、お腹や手足にも色が入っている場合。
よく「ブルーポイントミテッド」が聞かれます。

うちのしらすは「ブルーポイントミテッド」です。
実は最初しらすを見たときは、この後紹介しますが、「バイカラー」だと思ってました。猫ちゃんの個体によって色の出方は様々なので、ちょっと色の出方がずれた「バイカラー」なのだと思い込んでました。笑

・バイカラー

いわゆる「ハチワレ」模様です。顔の濃い色と白い色がはっきりと分かれていて、逆Vとなっている模様です。

「ブルーポイントバイカラー」「ブルーリンクスポイントバイカラー」などがよく聞かれます。

※リンクスポイントとは、色が出ている部分が縞模様になっている場合

どの模様も子猫の時は薄い色で大人になるにつれ、どんどん色が濃くなっていきます。完全に色が出るまでは2〜3年かかると言われています。

なので子猫の時にすでにある程度色が出ている場合は、大人になった時、色が出ている部分がかなり濃い色になる可能性が高いということです。

子猫の時に家族に迎え入れた場合、大人になってかなり印象が変わったということも多いのではないでしょうか?

個人的には子猫時と成猫時で一番印象が変わる猫種だと思います。
大人になるにつれ、色が変わっていくなんてとっても面白いですよね!

もしどうしても色や模様にこだわりがある方は、可能であれば迎え入れる子の両親を見ておくなど、ちゃんと成猫時にどのような模様になるか確認してから迎え入れましょう。

ラグドールの体格

ラグドールは大型種です。他にも大型種の猫種はいますが、ラグドールの場合『世界一重い猫』と言われています。

「ロング&サブスタンシャルタイプ」と呼ばれる長くがっしりとした胴体に、太い手足が特徴です。とても重量感のある体です。抱っこするとしっかりと重さが伝わってきます。

標準的な体重はオスが6.5kg〜9kg程度、メスが4.5〜7kg程度とされています。中には10kgになる子もいるいるらしいです。

しらすは現在生後10ヶ月ですが、すでに約4kg。マンチカンのまんちゃんは小柄なのですでに体重も体高も2倍近くになってしまいました・・・笑

ラグドールの場合、体も約2〜3年かけて成長すると言われています。大体の猫ちゃんは1年程度で成猫となり大きさがほぼ決まりますが、ラグドールは2〜3年かけてゆっくりと成長していくので子猫時が長く楽しめると聞きます。(すみません。私もラグドールと生活するのはしらすが初めてのため、この先どのように成長していくのか確かなことが言えません。。)

ちなみにしっぽは体調と同じくらい長いです。その子の性格にもよるのかもしれませんが、しらすは踏んでもあまり怒りません。

ラグドールの性格

「ぬいぐるみ」が名前の由来になっているくらいなので、穏やかで優しく、人懐っこい性格です。抱っこが大好きな子も多く、抱っこするとそのまま脱力して体を預けてくれることもしばしばあります。

活発に動き回るよりは、静かにじっと大人しくしていることが多いです。

小さな子供や他の猫ちゃんとも仲良くできる友好的な性格で、あまり鳴き声を上げないので初心者でも飼いやすいです。

ラグドールは賢いので、しつけも可能です。

これが一般的に言われているラグドールの性格です。

うちのしらすは違います・・・

子猫の場合は、予想以上に元気でびっくりしたという話も聞きますが、しらすの場合、子猫だから、というわけではなさそうです。

まず抱っこが大嫌い。抱っこすると10秒くらいは一応我慢してくれます。
でもその後ニャーニャー大声を出して放せと大暴れ。

病院も大嫌いで、診察中に拘束されようものならシャーと言って怒ります。去勢の手術の時も点滴も点滴も入れられなかったそう。病院の先生にも性格に難ありと言われてしまうほど。

ラグドールはあまり鳴かないと紹介しましたが、しらすの場合、私がトイレに入っていると寝ていても必ずドアの近くまで来て大声でニャーニャーと鳴きます。トイレから出ると待っていてくれるので可愛いんですけどね。

友好的な性格なのは確かです。まんちゃんとも早い段階から仲良くなれて、子猫ゆえ、まんちゃんにちょっかいを出していきますが、まんちゃんにシャーと怒られてもへっちゃらなご様子。

無邪気で明るくて面白い性格です♪

あと頭が良いのも本当だと思います。

私がお風呂に入っているとよく脱衣所で待っていてくれるのですが、最近気づいたことが私がお風呂に入ってから上がるまでずっと待ってくれていたわけではなかったことです。
私が体を洗い終わり湯船に浸かった頃にやって来て、あたかもずっと待っていたようにそこにいます。おそらくシャワーの音がしなくなったら脱衣所に来ているようです。お風呂のドアに映る影で気づきました。

それからしらすはとっても食いしん坊で、自分のご飯を食べ終わったあと、まんちゃんが残したご飯も食べてしまいます。しらすは太り気味なので、まんちゃんが残したご飯を食べないように、まんちゃんがご飯を残した時は早々に片付けするのですが、ある日しらすがまんちゃんのご飯を横取りしていたので、注意しようと近づくと、なんとしらすのご飯が残っていました。

どうやらしらす、いっぱい食べたいあまり、まんちゃんのご飯を横取りした後、自分のご飯をゆっくり食べようと思っていたようです。
まんちゃんが残したご飯はすぐ片付けられてしまうので、しらすなりに一番多く食べれる方法を考えての行動のようです。しらすの食い意地には脱帽です。

最後に

ラグドールの特徴や性格について紹介しましたが、ラグドールって本当素敵な猫ちゃんです。意外といろんな模様や毛色があってその子によって違っていて、それも成猫になるまで最終的にどのようになるのか分からないなんて将来が楽しみですよね〜。

基本的には穏やかな性格で一緒にいて癒されることも多いですよ。

毛並みもとっても良くって、シルクのような柔らかい毛をしていて顔を埋めると気持ちいいです。癒ししかないです。その分ブラッシングも必要ですけどね。

どんな猫ちゃんもそれぞれ良さがあって、どの子もとーっても可愛いですが、ラグドールも飼いやすくて賢くて可愛いです。

でも猫を飼う上で一番大事なのはどんな子でも大切な命、最後まで責任を持って一緒に人生を全うするということ。

愛情を注いでいれば、動物達も必ず愛情を注ぎ返してくれます。その返し方はそれぞれ。本当に愛情を注いでいれば、注ぎ返してくれた瞬間が分かります。

出会ったのも運命。一緒に思い出を作っていきたいですね。

猫ちゃんの平均寿命は13〜15年。出会った瞬間から一緒に居れる期間には限りがあるけれど、精一杯愛情を注いで一緒に過ごしたいですね。

世界の猫ちゃんが幸せに暮らせますように。