注目キーワード
  1. 仕事
  2. 暮らしにいいもの
  3. 美容

肉球周りの毛のお手入れにはフェイスシェーバーがおすすめ♪

  • 2019-10-14
  • 2019-10-14
  • 703回
  • 0件

こんにちは。たんたんまるです。

猫と夫と三人暮らしをしています。

猫の名前はまんちゃん。マンチカンの短足です。
短足といっても運動能力は足長の猫ちゃんと変わりません。それどころかマンチカンは走るのが得意で「猫のレーシングカー」と言われるほどです。
まんちゃんもスイッチが入ると家の中を全速力で走りまわり急カーブもお手の物です。

ただ、たまに勢い余ってフローリングの床で滑っている時があります。まんちゃんは長毛種なので肉球の間から長い毛がはみ出しており、毛が伸びたまま放置しているとその毛によって滑ってしまうようです。

もしお家で飼っている猫が長毛種で肉球の間から毛が出ていたら、毛を切ってあげることをおすすめします。

肉球周りの毛を切ったほうが良い理由

今まで短毛種の猫しか飼った経験がなかったので、長毛種のまんちゃんを飼って初めて肉球の間から毛が出る子がいることを知りました。
まんちゃんを飼うときは毛の長さなんて気にせず決めたので、長毛種の特徴など全く考えていませんでした。
長毛種の子は放っておくと肉球周りの毛が伸びてしまい、肉球を覆い隠すようになってしまうようです。




肉球周りの毛が伸びてしまい肉球に毛が被さっている子は毛を切ってあげることが必要です。
肉球周りの毛を切ってあげたほうが良い理由は以下です。

・すべりやすくなる

そもそも肉球には滑り止めの役割があります。外で生活している猫は高所や足場の悪いところを移動することがあります。そんな時に肉球に汗をかいて湿らすことで滑り止めの役割をしています。
しかし肉球が毛で隠れてしまっていると滑り止めの効果が薄れてしまいます。
室内がフローリングの場合、特に滑りやすくなっています。
実際、毛が伸びてしまった状態で走りまわっている時は勢いがつきすぎて滑ってしまうことがよくあります。猫も急には止まれずドアに激突なんてこともあり得ます。

・汚れやすくなる

猫は狭いところが大好きですよね。家の中をきちんと掃除していても、掃除の手の届きにくい隙間はあるものです。猫がそんな隙間に入ってしまうことはよくあります。そんな時肉球周りの毛が伸びていると真っ黒に汚れて出てくることもしばしば。肉球の汚れはウェットティッシュなどで拭きとるとすぐに取れますが、毛の汚れはしっかり拭いてあげないと取れません。猫は毛づくろいをするので、汚れたままにしておくのは衛生上良くありません。

・肉球の色や熱で病気がわかることも

肉球をよく見ていると病気のサインがわかることがあります。例えば肉球が普段よりも熱ければ発熱の疑いが、色が薄いときは貧血の疑いがあります。
それも肉球が見えていることでよりわかりやすくなります。


肉球周りの毛をカットする方法

では肉球周りの毛はどのようにカットするのが良いでしょうか?

色々試した結果、個人的には人間用のフェイスシェーバーが使いやすかったです。

最初は肉球からはみ出た毛をハサミでカットしようとしましたが、嫌なことをされるのを察知して動こうとするので、毛をカットしようと思っても肉球を傷つけていまいそうで、怖くてなかなか切れませんでした。時間をかければかけるほど猫も嫌がるので上手くいきませんでした。

そんな時にたまたま目にした動画で猫の肉球周りの毛を人間用のフェイスシェーバーでカットしていました。顔用なので、特に皮膚を傷つけないような構造になっているのでもし猫の肉球に当たってしまった時でも安心です。
試してみましたが、シェーバーの大きさもちょうど良く肉球に合わせて毛がきれいにカットできました。
ウィーンと音がするのが少し気になりますが、そこまで大きい音ではないので猫もびっくりするほどではありません。



まとめ

長毛種の猫は成長するにしたがって、毛が長くなってきます。もし肉球周りの毛が伸びてしまっていて、移動時に滑るようなことがあればカットしてあげてください。

フェイスシェーバーだと簡単にカットできますし、肉球は皮膚が厚くなっているのでシェーバーが当たっても傷つくことはありません。またフェイスシェーバー自体も高くないものも売られています。

逆に毛をカットすることがどうしても嫌な場合は、短毛種の子を飼うのも選択肢の一つだと思います。

ただカットの頻度はまんちゃんを見ていると3~4週間に1回程度で十分のようです。爪切りとセットで行ってもいいかもしれませんね。毛のカットをした後はご褒美でおやつをあげるのも良いと思います。おとなしい子なら大丈夫ですが、肉球を触られるのを嫌がる子もいますので、おやつをあげることで、毛をカットした後は良いことがあると覚えさせることができます。

猫ちゃんの健康管理のためにも、見落としがちな肉球周りの毛についてもこまめにチェックしてあげてくださいね!