注目キーワード
  1. 仕事
  2. 暮らしにいいもの
  3. 美容

無印良品のカレー「サグチキン」を食べた感想♪

  • 2019-10-10
  • 2019-10-10
  • 未分類
  • 171回
  • 0件

こんにちは。たんたんまるです。

猫と夫と三人暮らしをしているアラサー主婦です。

夫は出張等で家にいない日もよくあり、一人夜ご飯を食べる時がけっこうあります。そんな時は料理をせず、買ってきたもので済ますことが多いです。レトルトカレーも一人ご飯にぴったりなので、好みのカレーを見つけたくて最近は色々なレトルトカレーに挑戦しています。

レトルトカレーといえば無印良品のカレーが美味しいと評判ですよね。中でもバターチキンが一番有名だと思います。



私は今まで無印のレトルトカレーは気になりつつも食べたことがなかったのですが、バターチキンが美味しいと評判になっていることは知っていました。でも、バターチキン以外にもたくさん種類があることはお店に行って初めて知りました。

果たしてバターチキン以外のカレーはどうなんでしょうか?他のカレーの口コミはあまり聞かないような気がしませんか?

他のカレーも気になって、夫と一緒に買い物に行った時にバターチキンともう一種類別のカレーを買うことにしました。

その時選んだのが、サグチキン(ほうれん草とチキンのカレー)です。無印の中では、マイナーっぽいカレーですよね。笑

バターチキンは評判どおり美味しかったのですが、サグチキンも違った美味しさがありました。バターチキンしか食べたことがない人に他のカレーの美味しさも伝えたいので、サグチキンについてご紹介したいと思います。

無印良品のカレー サグチキン

サグチキンはほうれん草、ケール、小松菜の三種の青菜を使用したカレーです。
青菜を使っていることで味に深みを出しています。青菜を使用しているだけあり、見た目は緑っぽい色をしています。(カレーのお店でほうれん草のカレーを出しているところがありますが、それよりは緑ではありません。)

調べてみると無印良品は30種類以上のカレーを販売しており、辛さは「辛くない」から「激辛」まで6段階あるそうです。サグチキンは辛と激辛の間と袋に表示されていました。

無印良品では、現地の味に学ぶことを大切にしていて、インドカレーならインドへ、タイカレーならタイへ、現地へ行ってリサーチし、その土地ならではのスパイスや食材からヒントを得ているそうです。実はとても手間暇かけて作られたカレーです。

しかも、化学調味料、合成着色料、香料は使用していないんです。




食べた感想としては、バターチキンもそうでしたが、レトルトカレーとは思えない味わいでした。レトルトカレーって色んな会社から販売されていて、色んな種類がありますが、どれも一口食べるとレトルトカレーと分かる特有の味がある気がするんですが、無印のカレーはレトルトカレーっぽい味がしません。かと言って家で作るカレーとも全然違っていて、お店のような味がします。

特にサグチキンは、お店のような本格的なカレーでした。三種類の青菜を使用しているとのことですが、青菜の風味がちょうどよくとても美味しかったです。
袋には辛めに表示されていますが、そこまで辛いとは感じず、食べやすかったです。辛いものがそこまで得意ではない私にはちょうどいい辛さでした。

今回はせっかくなので、「フライパンでつくるナンミックス」を買って、自宅でナンを手作りし、カレーと一緒に食べました。

ご飯にも合いそうですが、ナンとも相性抜群でした。

まとめ

無印良品のカレーは予想以上に本格的でした。バターチキンもサグチキンもお店で食べるような味です。他のレトルトカレーとは別物な感じでした。

特にサグチキンはお店でほうれん草のカレーをよく頼む人は好きな味だと思います。一人ご飯の時にもぴったりです。

無印良品のカレーが美味しいと評判なのも納得です。

今回食べた二種類以外にもたくさん種類があったので、次は別のカレーに挑戦したいと思います。

手軽に美味しいレトルトカレーを食べたい方にはオススメです。お店で食べるよりも安く済みます。

ネットからも購入可能ですので、気になっている方は、ぜひ食べてみて下さい!